ホワイトニング

当院のホワイトニングに対する考え方

身近になったホワイトニングですが、様々な種類のホワイトニングが市場に出ております。
しかしながら、ご自身の歯の質に合った薬剤や術式で行う事が大切です。
もし、不適切なホワイトニングを行うと歯にダメージが残ったり過度な頻度で繰り返すことで歯の健康を害してしまう事もあります。
当院では、ホワイトニングで綺麗になった歯を出来るだけ長持ちさせる メンテナンスにも力を入れております。美しく健康で丈夫な歯で生涯過ごしても貰いたいとういのが当院の思いです。

ホワイトニングの種類

明眸皓歯という言葉があるように、昔から白い歯は憧れの的。
当医院では、ご予算やご希望をお聞きしながら様々なホワイトニングの提案をしております。カスタムトレーを使いご自宅で、ご自分で処置するホームホワイトニングを始め、即効性のあるオフィスホワイトニングやレーザーホワイトニングなどで症状に合わせて、最適に処置治療いたしております。

また、ホワイトニングの本場はアメリカですが、そのアメリカより安全で効果の高いホワイトニング薬剤を直接輸入しております。口腔内の健康状態や虫歯などの状況により、事前に歯科治療をしなければならない場合もございますが、ご興味のある方は、是非一度ご相談下さい。

Before

After

ホームホワイトニング

ご自宅において、自分自身で処置するホワイトニングをホームホワイトニングといいます。お休みの時や就寝時、お好きな時間にご自身専用のマウストレーを使い専用のホワイトニングジェルを歯に装着して、歯を白くして行きます。

大変手軽にできますが、持続効果も高く歯に与えるダメージも少ない方法です。さらに、ホワイトニング処置後「ナノケアPMTC」を定期的に行うことにより、歯の再石灰化を促し強くしてホワイトニング効果の持続性も高める効力が望めます。

※「ナノケアPMTC」とは、今、歯科学界で注目されている最新のPMTC法です。ナノ粒子アパタイトを使って、歯の表面の再石灰化を促し汚れが付きにくい健康的な歯をつくって行きます。歯の質や希望する白さによって、持続時間も変わります。

ホームホワイトニングの手順

歯科医院での手順 虫歯など口腔内の健康状態を検診してホワイトニング処置に適しているか否かを確認します。 (虫歯などがある場合はホワイトニングの前に治療処置します)

歯表の汚れを落とし、歯石を除去して歯のクリーニングをします。

患者様の歯形を取り(印象採得)、患者様専用のマウストレーを作ります。

ご自宅での使用方法及び注意事項などの説明を終え、患者様に専用マウストレーをお渡しします。

ホワイトニング前の歯の色を記録、確認しておきます。

ご自宅での使用方法及び注意事項などの説明を終え、患者様に専用マウストレーをお渡しします。

自宅での手順 マウストレーの装着前には必ず歯を磨いておきましょう。

就寝時やお休みのときに、ホワイトニングジェルを専用マウストレーに入れ装着します。

1~2週間の間、毎日1日2時間以上これを続けます。1日の装着時間により効果は変わりますが、早い方ですと1週間ほどで効果があらわれます。専用マウストレーは、使用後に洗浄して清潔に保管してください。

オフィスホワイトニング・デュアルホワイトニング

歯科医院で処置するホワイトニングをオフィスホワイトニングと呼びます。 ホームホワイトニングで使うジェルよりも濃度の高いものを使用します。ジェルを歯に塗り、レーザーを当て化学反応を起こし歯を白くします。ジェルの濃さやレーザーの量により多少前後しますが30分~1時間ほどで効果が分かるほど歯の白さが変わります。
当医院では、より歯に優しく持続性を高めるためにオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用(デュアルホワイトニング)することをお勧めしております。 また、ホワイトニング処置後「ナノケアPMTC」を定期的に行うことにより、歯の再石灰化を促し強くしてホワイトニング効果の持続性も高める効力が望めます。

※「ナノケアPMTC」とは、今、歯科学界で注目されている最新のPMTC法です。ナノ粒子アパタイトを使って、歯の表面の再石灰化を促し汚れが付きにくい健康的な歯をつくって行きます。歯の質や希望する白さによって、持続時間も変わります。

オフィスホワイトニングの手順

歯科医院での手順 虫歯など口腔内の健康状態を検診してホワイトニング処置に適しているか否かを確認します。(虫歯などがある場合はホワイトニングの前に治療処置します)

歯表の汚れを落とし、歯石を除去して歯のクリーニングをします。

ホームホワイトニングで使うよりも濃度の高いジェルを歯に塗り、レーザーを10分~30分の間照射します。

良く口をゆすいだ後、耐酸性を高め虫歯などにかかりにくくするために、歯の表面にフッ素を塗布して治療は終了です。