最先端再生治療ガイド

歯科医院でインプラントにしましょうと言われた…
でも、歯を残す選択をしたい方に

  • 「歯を抜きましょう。」
  • 「インプラント(入れ歯)にしましょう。」

と、歯科医院で言われた方の“症状”と“その治療方法”についてご説明します。ご自身が今どのような状態なのか理解を深め、今後の選択肢について知ることから初めてみてください。

歯を抜かなければならない状態とは?

歯を抜かなければならない大半の場合、以下の3つが原因になります。

1. むし歯が原因

むし歯が進行すると、細菌が“歯の神経”や“歯の根”まで感染します。痛みを発症し、歯茎が腫れたりします。この場合、根管治療を行いますが、重度の場合は手遅れで、歯の救済をすることができなかったりします。

2. 歯周病が原因

歯周病(歯槽膿漏と呼ぶこともあります)が進行すると、歯を支える土台の骨が溶けてしまいます。歯茎が下がり歯の根が露出したり、歯がぐらぐらしてきます。

3. 歯の破折が原因

竹が折れるように歯が折れてしまっている状況です。歯が折れて壊れてしまう原因には物理的な外傷以外に歯に噛み合わせの問題や歯ぎしり(くいしばり)など慢性的な疲労などによっても歯は破折してしまいます。

歯を抜かなければならない状態の治療方法の選択肢は?

1. むし歯が原因の場合:治療の選択肢

治療法 目的 費用
入れ歯 抜歯して咬合の回復 保険適応or自費診療
インプラント 抜歯して自分の歯のような咬合を回復 自費診療
治療費目安:40万円~
精密根管治療 歯を残す 自費診療
治療費目安:8万円~

*精密根管治療は、従来の(保険が適応される)根管治療とは異なります。詳しくは、精密根管治療のページにてご確認ください。

2. 歯周病が原因の場合:治療の選択肢

治療法 目的 費用
入れ歯 抜歯して咬合の回復 保険適応or自費診療
インプラント 抜歯して自分の歯のような咬合を回復 自費診療
治療費目安:40万円~
外科的再生療法 歯を残す 自費診療
治療費目安:10万円~
非外科的再生療法 外科手術を行わず歯を残す 自費診療
治療費目安:20万円~

こちらのページで、外科的再生療法&非外科的再生療法についてご紹介しています。非外科的歯周再生療法は、当院AQUA日本橋DENTAL CLINICの理事長綿引が特許取得した治療法です。

3. 歯の破折が原因:治療の選択肢

治療法 目的 費用
入れ歯 抜歯して咬合の回復 保険適応or自費診療
インプラント 抜歯して自分の歯のような咬合を回復 自費診療
治療費目安:40万円~
歯牙移植 自分の歯による咬合の回復 自費診療
治療費目安:20万円~